北・南米からアジア、欧州まで世界中で、日系企業が採用難に陥っている。不足しているのは工員から店員、専門職まで幅広く、業務に支障が生じる状況も出始めた。人口増加国で人が採れないのは、欧米や中韓のライバルに“採り負けている”からだ。