人類が、これまでに経験したことのない自然環境の変化に直面している。次々に上陸する外来生物。襲い掛かる豪雨。広がる感染症──。これまでどこか人ごとに聞こえていた温暖化の脅威が身近に迫る。その温暖化も突き詰めれば、経済成長を追い求める人類が招いた。貧しさから抜け出そうと工業化を急ぐ途上国では今も環境破壊が進む。しかし、そんな「環境 VS 人類」の攻防も、視点を変えれば「商機」になる。自然環境としたたかに向き合い、制する。その方法は間違いなくある。

(吉岡 陽、庄司 容子、上海支局 小平 和良)

CONTENTS


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます