自動運転が実現した時、移動手段は自動車という「モノ」ではなく「サービス」で提供されるようになる。自動車メーカーは物流や公共交通サービスに目を向け始め、異業種の新ビジネス構想も続々と登場している。