アウディ、ダイムラー、ボッシュ、コンチネンタル…。開発の最前線をドイツで徹底取材した。ある時は「個」で、ある時は「チームドイツ」で──。自動運転でも覇権を握るべく突き進んでいる。

<b>独アウディの試作車「ジャック」。アウトバーンに乗り自動運転モードに切り替わってから記者は一度もハンドルを握らなかった</b>
独アウディの試作車「ジャック」。アウトバーンに乗り自動運転モードに切り替わってから記者は一度もハンドルを握らなかった

 ドイツ・インゴルシュタットにあるアウディ本社。自動運転開発の担当エンジニアが示した資料には、太い1本の線が引かれていた。自動運転の「レベル2」と「レベル3」を明確に区別するこの線は、自動運転でも安全性を第一優先とするアウディの流儀を示すものだ。

 同社は、人が常時、運転状況を監視するレベル2までの機能に、「パイロット=操縦」という名称を使わない。あくまで「アシスト=補助」する機能だという認識だからだ。米テスラ・モーターズが「オートパイロット」、日産自動車が「プロパイロット」という名称で市販しているのとは対照的だ。

続きを読む 2/4 2017年に「レベル3」を市販

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5721文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ここまで来た自動運転」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)