アウディ、ダイムラー、ボッシュ、コンチネンタル…。開発の最前線をドイツで徹底取材した。ある時は「個」で、ある時は「チームドイツ」で──。自動運転でも覇権を握るべく突き進んでいる。

独アウディの試作車「ジャック」。アウトバーンに乗り自動運転モードに切り替わってから記者は一度もハンドルを握らなかった

 ドイツ・インゴルシュタットにあるアウディ本社。自動運転開発の担当エンジニアが示した資料には、太い1本の線が引かれていた。自動運転の「レベル2」と「レベル3」を明確に区別するこの線は、自動運転でも安全性を第一優先とするアウディの流儀を示すものだ。

 同社は、人が常時、運転状況を監視するレベル2までの機能に、「パイロット=操縦」という名称を使わない。あくまで「アシスト=補助」する機能だという認識だからだ。米テスラ・モーターズが「オートパイロット」、日産自動車が「プロパイロット」という名称で市販しているのとは対照的だ。

続きを読む 2/4 2017年に「レベル3」を市販

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5721文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ここまで来た自動運転」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。