独BMWの最新自動運転試作車を、世界で初めて本誌が単独で取材した。アウトバーンを走り、その実力が分かった。電気自動車で世界を驚かせたのと同様に、同社は社運を賭けてかじを切ろうとしている。

独BMWが初公開した試作車。「PT1」とコードネームで呼ばれている。後ろは同社の研究拠点。駐車場に小型電気自動車「i3」がずらりと並ぶ

 「取材に応じる。世界で初めての公開になる」

 独BMWからの連絡を受けて、本誌記者はドイツ・ミュンヘンへ飛んだ。目当ては、同社が今年1月から公道試験を始めた、最新の自動運転の試作車だ。

 BMW本社から北へ約10km。高速道路アウトバーンを走って、ドイツ有数の学術研究都市、ガルヒングへ向かった。BMWの自動運転部隊が属する研究開発の心臓部に、試作車「PT1」が止まっていた。

 PT1はBMW「3シリーズ」がベース。長距離レーダー3つ、短距離レーダー4つを搭載。加えて「LIDAR」と呼ばれるレーザーレーダーを4つ積んでいる。カメラは前方にメーンとサブの2つ。いずれも単眼カメラだ。

アウトバーンを走行する試作車の室内。緊急時に備えて手は添えていたが、機能としては手放しでも問題なく走り続けた。センサーが認識した情報が、助手席側の大型ディスプレーに表示される
続きを読む 2/4 クルマが責任を持つ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2940文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ここまで来た自動運転」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。