急成長を続ける米アマゾン・ドット・コムが小売業界に嵐を巻き起こしている。テクノロジーを武器に圧倒的な競争力を手中に収めた巨人は、インターネットの世界にとどまらず、実店舗の展開も本格化させている。危機感を募らせる日本の小売りも、ついに本気で対抗策を練り始めた。従来型の店舗に存在意義はあるのか。のみ込まれないためには何をすべきなのか。選ばれる小売りの条件を日米で探った。

(山崎 良兵、浅松 和海、津久井 悠太、ニューヨーク支局 篠原 匡)

INDEX


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます