東芝の不正会計の裏で新日本監査法人の責任を問う声が高まっている。「東芝の主張を受け入れ過ぎでは」と指摘されるが、不正の発見は難しいのが実態だ。