ガバナンス先進企業を演じてきた東芝。それは「当期利益至上主義」を覆い隠す仮面だったのか。東芝に限らず、不正会計に手を染めた企業の手口には3つの共通項が浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5306文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 東芝 腐食の原点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。