ノルウェーの取り組みは、日本漁業復活のヒントになる。ただし、漁業経営体の規模と数、行政の統率力など環境が大きく異なり、単純にはまねできない。日本流の成長には「独裁者がけん引し、社会主義で獲り、自由競争で流通させる」ことが必要だ。

<b>約20人の漁師を束ねる女性社長、坪内知佳さん(左)は社員から「独裁者」と呼ばれる</b>(写真=中西 ゆき乃)
約20人の漁師を束ねる女性社長、坪内知佳さん(左)は社員から「独裁者」と呼ばれる(写真=中西 ゆき乃)

 対馬海流が形成するサバやイカの好漁場をもつ山口県萩市。この街には漁師から「独裁者」と呼ばれる女性がいる。

 8月上旬のある朝、独裁者は港に似合わぬ黒スーツ姿でハイヒールをカツカツ鳴らし、沖合船団の「萩大島船団丸」の帰港を出迎えた。「ええ顔しとるね!」。声をかけられると夜通しの漁で寝ぼけ眼の漁師も背筋を正す。船団長の長岡秀洋は「彼女の指示には『はい』か『イエス』しか許されない」と複雑そうに笑みを浮かべる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4506文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 独り負けニッポン漁業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。