伝統を壊すこともいとわず、20年かけて組織改革に取り組んできた三菱重工。その間に欧米ライバルが進めてきたのはデジタル時代への対応だ。先を行くライバルに三菱重工は追いつけるか。その処方箋に日本の製造業が生きる道がある。

 「生き残るのは最も大きな企業ではない。最も適応できる企業だ」。進化論を唱えた自然科学界の巨匠、チャールズ・ダーウィン氏の言葉を借りて、これから生き残る企業の条件をこうコメントしたのは独シーメンスのジョー・ケーザー社長兼CEO(最高経営責任者)。8月1日、2020年以降を見据える長期的ビジョンの発表で述べた。

 変化が速く先が読みにくい時代。三菱重工業が世界で戦うために20年かけて改革に取り組んだ間にも、ますます、変化のスピードは速く、先行きは見通しにくくなっている。三菱重工のライバルもまた、それぞれのやり方で環境変化に対応する道を探ってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4205文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 三菱重工 巨艦はこうして蘇った」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。