日本の製造業を代表する巨艦のかじを取って6年目に突入。過去のしがらみや伝統を壊しながら、世界に挑める体制作りにまい進する。穏やかな口ぶりながらも、改革を完結する覚悟を語る。

(聞き手は 本誌編集長 東 昌樹)

(写真=吉成 大輔)
PROFILE
[みやなが・しゅんいち]1948年福岡県生まれ。72年東京大学法学部卒業、三菱重工入社。広島製作所で製鉄機械の営業を担い、2000年に日立製作所との製鉄機械事業の統合会社社長に就任。一度は三菱重工を退社した。06年に執行役員、機械事業本部副事業本部長として本社に呼び戻され、08年取締役常務執行役員、機械・鉄構事業本部長。11年に副社長となって社内改革を推し進め、13年4月に社長就任。趣味は数学・自然科学系の読書、テニス、ゴルフ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4326文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 三菱重工 巨艦はこうして蘇った」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。