あまりに一気に普及しただけに、ポケモンGOは国内外で様々な軋轢も生んでいる。我々は、ポケモンGOから始まる新たな文化にどう向き合っていけばよいのだろうか。

(写真=上:The Asahi Shimbun/Getty Images、左下:EPA=時事、右下:AP/アフロ)

 世界中で愛されている一方で、嫌われ者にもなりつつあるポケモンGO。国内でも「歩きスマホ」や運転中の操作などによる事故を招くとして、国や自治体、警察、鉄道各社などが上陸前から警鐘を鳴らしていた。

 懸念は現実となる。警察庁は8月3日、ポケモンGO関連の道路交通法違反の検挙件数が、7月22日から12日間で全国計727件に上ったと発表。関連する事故は59件、うち軽傷の人身事故が15件だったとし、改めて注意を促した。

 注意喚起だけではなく、事実上の「ポケモン禁止」令を打ち出す自治体や大学、神社仏閣なども現れた。

続きを読む 2/3 ゲーム進化で新たな火種も

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1997文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ポケモンGO」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。