上向いた景気を持続的なものにしていくためのハードルは決して低くはない。国主導の金融緩和や財政支出頼みの構図は長続きせず、人手不足など「供給の壁」が早くも顕在化してきた。「民」が主役となり、経済の好循環をどう生み出していくのか。宮沢洋一・経済産業相に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2936文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 上向く景気」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。