高度成長を支えた団塊以上の世代が作った事業モデルは過去のものになった。これまで存在感が薄かった50代の経営者が活躍しなければ日本の将来は危うい。自分を引き上げた上の世代の成功体験を乗り越える姿勢を示せるかどうかが問われる。