失われた20年が生んだ「ゆでガエル世代」に先はないのか。作家の真山仁氏は、同世代に対し「必死でもがく姿を若い人たちに見せろ」と迫る。自らの武器は何なのかを見つめ直し、後進のために新たな道を切り開くことが責務と説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2454文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 どうした50代! 君たちはゆでガエルだ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。