「本当にいいのか? 残らなくて」

 2013年初頭、大阪府大東市でのこと。旧三洋電機のデジタルカメラ部門の三洋DIソリューションズ(現・ザクティ)は、三洋電機がパナソニックに統合されてからはパナソニック傘下の子会社となっていた。そこで社長を務めていた西山隆男は、所属する社員一人ひとりと面談し、そう問い続けた。

 会社は数カ月後、パナソニックから離れて投資ファンドの傘下に入ることが決まっていた。そこで、約500人の部員に意思を確認した。結果、一人残らず「転籍」を希望してくれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1126文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。