VAIOを復活させたのは、外部から乗り込んだトップの大田義実だった(写真=竹井 俊晴)

 2014年2月6日、ソニーのパソコン「VAIO(バイオ)」を製造していた従業員が事業所に集められ、工場ごとファンドに売却し、撤退すると告げられた。

 「どうして俺たちが切り捨てられるんだ」「テレビ事業はもっと巨額の赤字を垂れ流しているじゃないか」

 込み上げる怒りや不安に、社員たちは震えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1261文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。