2014年2~4月、人手不足と、労働負荷が高い新メニュー導入の混乱によって、多くの「すき家」店舗が深夜営業を休止した(写真=大槻 純一)

 「ワンオペ11時間労働。狂ってる」

 「48時間働き続けたアルバイトが脱走した」

 2014年2月に始まった牛丼チェーン最大手「すき家」で起きた店員の反乱は、またたく間にインターネットで話題となり、マスコミ各社が報じる一大スキャンダルに発展していった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2227文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。