絶対的なエースと、強力な得点パターンを持ったチームが勝ちきれない──。そこに現れた新人監督は、あえてエースを使わない戦略に出た。裏方も含め、全員で戦う「組織戦」に持ち込んだ結末は。

(写真=Fernando Medina/Getty Images)

 得点王を続ける大スター、マイケル・ジョーダンを擁しながら、優勝できない──。米プロバスケットボールNBAのシカゴ・ブルズは、まさかの5位に低迷した1989年、フィル・ジャクソンをヘッドコーチ(監督)に就任させる。

 そこから、ジャクソンは常勝軍団を作り続け、NBA最多の11度の優勝回数をあげていく。

(写真=Lisa Blumenfeld/Getty Images)
Phil Jackson(フィル・ジャクソン)
1945年米国生まれ。NBA選手の後、89年シカゴ・ブルズ監督に就任、2度の3連覇。通算11度優勝。著書に『シカゴ・ブルズ 勝利への意識革命』。

 彼が「勝てない組織」を立て直したポイントは、最強の選手であるジョーダンを使わない、という戦略の採用だった。高い身体能力で、重力を感じさせない空中でのプレーは、味方の選手までも魅了した。だから、邪魔をしないように見守ってしまう。だが、ライバルは彼をマークすればいい。「ジョーダン・ルール」という守備方法が編み出され、3人に囲い込まれて封じられた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り713文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。