危機を乗り越え、「いきなり!ステーキ」という新業態を開発したペッパーフードサービス社長の一瀬邦夫(写真=竹井 俊晴)

 「社長、大変です。食中毒で入院した人が出たみたいです」

 2009年9月、ペッパーフードサービス社長の一瀬邦夫は、その一報を聞いて青ざめた。確認を急ぐと、低価格ステーキ店「ペッパーランチ」の全国各地の店舗から、同じ症状の客が相次いでいることが明らかになった。

 「これは、ただごとではない」