財閥の創始者としてなお、一汁一菜の生活を続けた安田善次郎。その根底には、「おごった瞬間に、困窮の底に落ちていく」という恐怖感がある。自身の失敗から学んだ教訓──。そこには「復活の道」も描かれていた。

安田善次郎(やすだ・ぜんじろう)1838年富山生まれ。農業や行商を経て江戸に上り、奉公人から両替商を興し、安田銀行(現みずほフィナンシャルグループ)など大金融グループを築く。(写真=共同通信)

 おごった人は、必ず落ちていく──。

 そんな「真理」を、循環図として描き残した企業人がいる。

 安田善次郎。安田財閥の創始者で、「銀行王」とも呼ばれる彼が残した企業群の歴史は、現在のみずほフィナンシャルグループや明治安田生命保険、東京建物へとつながっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り901文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。