8代目の藤井隆太が会社を継いだ時、会社は倒産の危機にあった(写真=的野 弘路)

 2年に1度、神田祭で盛り上がる東京・神田川のほとり。だが、地域住民が密かに楽しみにしているある企業による催し物は、あまり知られていない。

 東神田の龍角散ビル。毎年5月、バイオリンやビオラなどの弦楽器はもちろん、フルートなどの管楽器も加わったオーケストラによるクラシックコンサートが開催される。1階にパイプ椅子を並べただけの即席会場だが、演奏は本格的。高齢者を中心に、会場は満席となる。

 その観客の前に、この日を待ちわびた男が静かに登場する。

 龍角散社長の藤井隆太(57歳)。手には自慢のフルートを持つ。そして、名門音楽大学を卒業した腕前を披露する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3743文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 挫折力 実録 8社の復活劇」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。