雪印、三菱自動車、カネボウ、すき家……。大企業の不祥事は、懺悔のような会見の映像とともに、強く記憶に残っている。だが、「その後」はほとんど報じられていない。実は、誰もが知る失敗を起こした企業が、挫折をバネに「弱さ」を「強さ」に変えている。そこには、企業経営にとっての教訓がちりばめられている。いかにしてあの会社は蘇ったのか、8社の「復活の歴史」を紹介する。あなたの組織は危機に陥る兆候はないだろうか。ドイツ初代宰相のビスマルクはこう語った。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

(編集委員 金田 信一郎、池松 由香、山崎 良兵)

CONTENTS


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます