台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか。先駆者が肌で学んできたその秘訣を、最後に紹介しよう。

クリスマスパーティーでフィリピン人社員の中に溶け込む伊藤澄夫社長(前列中央)
ヒント
1
現地社員と家族になる

 「日本企業の経営手法には本来、欧米や中国、台湾、韓国などの企業より非常に大きな優位性がある。東南アジア進出で苦戦する日本企業は、それをすっかり忘れている。もったいない」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5924文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「儲かるASEAN」のウソ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。