若者向けエンターテインメント施設がバンコクでは次々とオープン

 タイの照明器具メーカーで営業員として働くニッキさん(30歳女性、名前は愛称、以下同)は4万バーツ(約14万円)の月収の約5分の1を仲間との食事や飲み会に使い、月収を上回る5万バーツを費やして年数回、海外旅行に出かける。最近の高い買い物は5700バーツ(約2万円)の香水だという。

 ニッキさんのような2000年代以降に成人になった人々はミレニアル世代と呼ばれ、それ以前の世代とは価値観や消費に対する志向が異なるとされる。東南アジアではこの世代の層が厚く、消費のけん引役として注目を集める。タイのアジアンミレニアルに話を聞き、その実像を探った。

 最近、4万バーツ(14万円)の一眼レフカメラを購入したというピングさん(23歳女性)は「毎月いくら使うとか計画的には考えずに欲しいものを買う」と話す。彼らは消費には前向きだ。これまで続いた経済拡大が今後も続くと考えており「将来は明るい。昇給はあって当然」(金融機関勤務のテアイさん、32歳男性)とみる。この楽観的な見通しが積極消費に彼らの背中を押す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り497文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「儲かるASEAN」のウソ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。