東南アジア諸国連合(ASEAN)が新たな成長段階に入ろうとしている。加盟10カ国のうち半数が消費行動のターニングポイントといわれる1人当たりGDP(国内総生産)3000ドルを超えた。