成長が続く間、子会社が次々に誕生し、グループは自然と拡大していく。しかし成熟期に入ると悩みが噴き出す。約1000社の連結子会社を持つ日立製作所も同じだ。まずは巨艦を率いた川村隆・名誉相談役の話を聞こう。