韓国インターネット大手のNAVER(ネイバー)は、グループからLINEを生み出すことで、閉塞感を突き破った。ネイバーとLINEは、ボーダーレス時代の新たなグループ経営のあり方を象徴している。

7月、米ニューヨーク証券取引所での上場セレモニーに参加するLINEの幹部

 生き馬の目を抜くインターネット産業。しかも米国の巨人が世界を支配しつつある中、グループから1兆円近い価値の子会社を生んだ企業がある。韓国ネット大手のネイバーだ。

 子会社の名はメッセンジャーアプリ大手のLINE。元はと言えば、韓国ネイバーの単なる日本法人だった。

 それが、LINEという独自のサービスを作り、国境や資本に縛られず隆々と成長を続け、7月には米ニューヨークと東京、2つの証券取引所への同時上場まで果たした。時価総額は上場発表時の約6000億円から約8630億円(7月25日時点)まで膨らんでいる。

ネイバー創業者 LINE会長
李海珍(イ・ヘジン)氏
1967年6月生まれ、49歳。NAVER Corporation(ネイバー)創業者・取締役会議長、LINE取締役会長。90年ソウル大学コンピューター工学科卒、92年KAIST(韓国科学技術院)で修士号取得、同年韓国サムスンSDS入社。99年ネイバー設立、社長就任。2004年より現職(写真=シン・スクミン)

 資本の上では上場後もLINE株の83%を保有する親会社のネイバー。そのトップは、グループの将来をどう考えているのだろうか。ネイバー創業者でLINE取締役会長も務める李海珍(イ・ヘジン)氏が、グループ経営に対する独自の経営哲学を語った。

 私は「子会社」に対して、ネイバーより下だとか、私が所有しているだとか、そういった思いはありません。最初はサポートしてあげるべき存在だと思っています。サポートをして、十分、自立する資格を見せてくれたら、思う存分、自由にさせてあげる。LINEはその資格を十分に備えています。

 親会社の立場からすると、子会社が独立していくことで、何か「もったいないな」と思うかもしれません。でも、あるタイミングになるとお互い独立した存在として付き合うべき。親と子供の関係と同じですね。

 私も息子が大学生になりました。言いたいこともありますが、「干渉」してしまうと私が息子の将来を潰すかもしれないので、我慢しています(笑)。