韓国インターネット大手のNAVER(ネイバー)は、グループからLINEを生み出すことで、閉塞感を突き破った。ネイバーとLINEは、ボーダーレス時代の新たなグループ経営のあり方を象徴している。