シリコンバレーからまた1社、フェイスブック級の大物が出現しつつある。その名はUber(ウーバー)。破壊的な威力を持つサービスが、世界中で軋轢と摩擦を生んでいる。