数日間の視察に行くだけでも戦略を持って挑めば、日本への「お土産」は多くなる。例えば、食事は投資家や企業家に会う可能性が高いレストランやカフェで。提携を模索するなら日本志向の有望ベンチャーへ。そのガイド。