海外での生活に臆することなく、シリコンバレーの深部へと浸透していく日本人がいる。その方法論、あるいは気合いや熱意は、かつての日本企業の進出とは一線を画する。「シリコンバレー×日本」の新時代を切り拓こうと孤軍奮闘する“サムライ”を追った。