ノーベル賞を受賞した現役研究者2人は、日本の状況をどう見ているのか。両氏に共通するのは、「日本はもっとイノベーションを起こせる」という楽観だ。

肩肘張らず異分野に飛び出せ

田中 耕一
島津製作所シニアフェロー
1959年富山県生まれ。東北大学工学部を卒業し、83年島津製作所入社。2002年ノーベル化学賞を受賞。同社田中耕一記念質量分析研究所所長。
(写真=行友 重治)

 イノベーションは「技術革新」と訳されたためか、今までとは全く違ったことをやらなければいけない、と思いがちです。しかし、私はそんなに難しく考えなくてもいいんじゃないかと思っています。今までにあった古い知識や技術でも、新しい捉え方ができればイノベーションにつながるはずです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2098文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 イノベーションは起こせる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。