再生医療時代の覇者に最も近づいているのが富士フイルム。今や、iPS細胞の中心的存在である京都大学を抜き去りつつある。薬の作り方を抜本から変える医薬革命とは何か。野望の実態に迫る。