普段の業務プロセスを一段と効率化できるのもVRの特徴だ。ではどうやって活用すればいいのか。先進事例からその要諦を探ってみよう。

「マイクロソフト ホロレンズ」を装着すると目の前に実物大のジェットエンジンが“出現”する(写真=人物:北山 宏一)

 企業におけるVRの活用で、まず広がりを見せているのが研修や人材育成だ。仮想現実の世界ならば、時間と場所を選ばず、何度でも学ぶべき仕事を「体験」できる。

 日本航空(JAL)は米マイクロソフトと共同で、整備士や運航乗務員訓練生(パイロットの卵)の研修プログラムを開発した。VRを使って目指しているのは、いつでもどこでも質の高い訓練を行える環境を作り出すことだ。

 HMD(ヘッドマウントディスプレー)を装着して整備士向け訓練プログラムを立ち上げる。すると目の前に、CG(コンピューターグラフィックス)で描かれたボーイング787のエンジンがホログラム(立体映像)として浮かび上がる。下からのぞき込めば、エンジンの下側が見える。ホログラムは指でつまんで、回転させることもできる。

 エンジンの各パーツにポインターを合わせると、その名称を表示したり、整備マニュアルの動画を流したりすることができる。整備士のエンジンに対する理解を深める仕掛けだ。

 航空会社は収益を高めるため、旅客機が地上にいる時間を減らすように運航スケジュールを組む。そのため整備士でも、ジェット機のエンジンを実際に見る機会は限られる。そこで威力を発揮するのがVRだ。駐機中のジェット機の傍らに行かなくても、いつでもどこでも実物大のエンジンを見ながら整備方法を学べる。

 研修プログラムの開発を指揮する速水孝治氏(JAL商品・サービス企画本部業務部の業務グループ長)は「限られた時間の中で、研修の質をいかに高めるかに重点を置いた」と狙いを語る。

 HMDを装着している人の目線は記録できるので、例えばベテラン整備士がエンジンを目の前にしてどこを見て作業しているかを記録として残しておける。つまり現場で受け継いできた技能をデジタルデータとして継承できる。

 パイロットを養成するための訓練ツールとして開発されたプログラムもある。HMDをかぶると、訓練に最もよく利用されるボーイング737-800型機のコックピットに「座る」ことができる。

 訓練生にはスピーカーを通じて管制塔からの指示が飛ぶ。これを受けて、仮想コックピット内の機器を操作すると、その動きに反応して計器が動き出す。HMDの外側に搭載されたカメラが手の動きを常に捕捉。仮想空間内の映像と合わせることで、機器を操作できるようになっているのだ。

 パイロットになるためにはコックピットのどの位置に、どんな計器が並んでいるかを体に染み込ませておく必要がある。とはいえ1台数億円もするフライトシミュレーターを訓練生全員が好きなだけ使えるわけではない。やむなく模造紙に書いた疑似コックピットで訓練することもあったという。VRがそんなアナログな訓練法を変えつつある。

 使用するHMDはマイクロソフトが2015年から開発を本格化させた「マイクロソフト ホロレンズ」だ。1台3000ドルと安くはない。ただ、スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」などとも研修プログラムの開発で協力しており、これまでとは次元の異なる研修ツールに育つ可能性はある。