素材産業からネット業界まで、先進的な日本企業がこぞって量子コンピューターの活用に乗り出した。だが、利用するのはいずれも北米製のマシン。研究でリードしていた日本は、今こそ底力を見せるときだ。

幅広い産業で期待が高まる
●量子コンピューターの用途と実験を始めた主な日本企業
JSRの研究開発現場は量子コンピューターの活用で様変わりしそうだ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4966文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ついに来た! 量子コンピューター」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。