驚異的な計算速度で、IT業界の常識を一変させる量子コンピューター。なぜ速いのか、これまでとは何が大きく違うのか。基礎の基礎から徹底解説する。

「0と1が重なり合う」量子の世界では何が起きている?

 肉眼はもちろん、顕微鏡をのぞき込んでも見ることはできない。量子コンピューターは、そんな極めてミクロな「量子の世界」における特殊な現象を活用する高速計算マシンだ。

 量子の代表例は原子や電子、素粒子など、髪の毛の直径の100万分の1に満たない、極めてミクロな存在だ。量子の世界では本特集の「肝」となる、私たちの感覚とは懸け離れた現象が起きている。それが「重ね合わせの状態」。

 人間の常識では、コインは「表」か「裏」のいずれかにしかならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6198文字 / 全文6558文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ついに来た! 量子コンピューター」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。