2019年、量子コンピューターが日本に初上陸。年内にはスパコンの進化を「超越」する力を手に入れる。コンピューターの歴史が大きく変わる転換点を、我々は間もなく目撃する。

<span class="fontBold">カナダのDウエーブ・システムズの量子コンピューター</span>
カナダのDウエーブ・システムズの量子コンピューター

 2019年、カナダのベンチャー企業、Dウエーブ・システムズの量子コンピューターが日本に初上陸する。本誌取材に対し、複数の関係者が明かした。

 東京工業大学と東北大学が共同研究センターを作る。複数の民間企業が参加し、利用料金を負担する見込みだ。これまでは北米に設置した機械を、クラウド経由で利用していた。日本企業が量子コンピューターをフル活用する時代が、ついに始まることになる。

 それに先立つ今年、量子コンピューターは大きな転換点を迎える。「過去数カ月でソフトウエアが目覚ましく進歩した。18年中には約束通り“量子超越性”を実現できるだろう。私は極めて楽観的だ」。米グーグルで13年から「量子人工知能研究所」を率いる研究者、ハルトムート・ネヴェン氏はそう語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2049文字 / 全文2476文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ついに来た! 量子コンピューター」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。