その“争奪戦”は静かに始まっていた。「今年の春ごろから、マクドナルドの閉店候補リストが外食の関係者の一部で出回っている。候補に挙がっている店は200以上あるね」。不動産業界の幹部は声を潜めながらそう明かす。