欧州の鉄道ビジネスを通して見えたのは、日立の膨大なリソースの潜在力と、国内を横目に進む権限委譲だった。一方、米国を通して見えるものは、従来の日本企業にはない新しいグローバル統治の姿である。製品開発のスピードを限界まで速めるこの仕組みもまた、外国人の評判を高める大きな要因になっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4277文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 外弁慶企業 HITACHI」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。