日立の活躍が海外で目立つ背景には、まず同社が保有する技術資源がある。博士号取得社員を1000人以上動員し長年蓄積してきたリソースは膨大だが、研究分野があまりに広範なため、国内では「宝の持ち腐れ」と指摘されてきた。しかし、IoT時代が到来すれば、それこそが最大の武器になると海外では捉えられている。