海外の経営者や技術者の多くは、日立が持つ様々な魅力に気付き始めている。「総花的」と言われる膨大な技術資源は、IoT時代に「本物の宝」に変わる可能性が高い。現地で進める先進的な人事や企業統治も、優秀な人材を集める武器になっている。