市場が成熟しても、世の中に必要とされる商品は依然として存在する。そして、その多くの種を、日本企業は既に持っている。全産業が一体となってその宝を育て上げれば、日本経済はまだまだ立ち直れる。