日本の発明力が真価を発揮しない背景には、新しいことを敬遠する風土がある。バブル崩壊以降、進んだ開発現場の保守化が、数多くの宝の種の放置につながった。状況を打開するには、4つの開発環境と4つの開発方針を改めることが欠かせない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7265文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの発明力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。