2000年前後の第1次ネットバブルから、スタートアップへの投資に取り組んできた電機・IT(情報技術)大手。過去の教訓を生かし、スタートアップを自社の成長につなげる独自の取り組みが見えてきた。

パナソニック初のCVC「パナソニックベンチャーズ」があるカリフォルニア州クパチーノ市のオフィス

 米アップルなどの本社があり、シリコンバレーの心臓部ともいえるカリフォルニア州クパチーノ市。そこに居を構えるパナソニックの米国拠点で今年4月、パナソニックベンチャーズという新会社が立ち上がった。

 社長を務める木下雅博氏の元には、米国中の有望スタートアップの情報が次々と集まってくる。情報源はマネージングパートナーのケリー・ライ氏など、部下であるベンチャーキャピタリストたちだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4793文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 失敗しないスタートアップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。