創業100年を超える老舗の大企業までもが、こぞってスタートアップとの連携に動き出した。背景には自社でのイノベーション創出が難しいという危機意識がある。不慣れな投資に戸惑う声も。

 四国の徳島駅から車で約10分。平日の通勤時でも上り下り合わせて1時間に5本程度の電車しか通らない単線の脇を抜けると、年季が入り、少しすすけた外観の工場が見えてくる。阿波製紙の本社だ。

 県内初の機械すき和紙メーカーとして誕生した同社は今年で創業102年目となる。この老舗企業の取締役会で今年1月、かつてない議案を巡り激論が交わされた。スタートアップへの投資を目的としたCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)の設立だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4268文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 失敗しないスタートアップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。