2020年3月卒業生対象の就活が幕を開けたが、学生たちの人気企業は今も昔も変わらない。だが将来の「新職業」への転身を視野に入れれば、狙うべき企業は他にもある。古い「良い仕事」の常識を払拭することは、働き方改革や日本人の幸福度向上にもつながる。

(写真=Bloomberg/Getty Images)

 早くも大学3年生の就職活動が始まった。2020年3月卒業見込みの学生たちは、インターンシップを経て、来春のエントリー、企業説明会、そして来年6月以降の内々定に向け駒を進めていくことになる。