トヨタ流など従来のカイゼンは、作り手の視点が色濃かった。だが、今やインターネットの普及などで、誰でも簡単に意見を世界へ発信できる。時に攻撃的にもなる“物言う客”たちはネットで情報交換をしながら、企業を評価、選別する。顧客の声に迅速に対応する必要性が高まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2486文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 今どきカイゼン100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。