これからの時代の「今どきカイゼン」とはどんな姿なのか。常識にとらわれず、視点や考え方を変えてみると、見えてくるはずだ。