年金、医療にとどまらず、日本の社会保障制度の範囲は広い。障害者や子育てへの支援、生活困窮者に対する生活保護、そして予防接種などの公衆衛生事業も含む。戦後こうした制度を充実させてきたが、人口動態が変わり、制度を支える国や自治体の財政も悪化した。時代の変化に制度が追い付いておらず、制度の綻びが目立つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2669文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 社会保障非常事態宣言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。