年金、医療にとどまらず、日本の社会保障制度の範囲は広い。障害者や子育てへの支援、生活困窮者に対する生活保護、そして予防接種などの公衆衛生事業も含む。戦後こうした制度を充実させてきたが、人口動態が変わり、制度を支える国や自治体の財政も悪化した。時代の変化に制度が追い付いておらず、制度の綻びが目立つ。