年間3500万円──。超高額薬の登場が、日本の医療行政を揺るがしている。財源が乏しい中で進む技術革新。世界は20年前から動き始めていたのに、日本はこれまで無策だった。人の命の値段は、一体いくらなのか。責任を持って、重い問いに向かうべき時が来ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3824文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 社会保障非常事態宣言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。